市役所前にて三好長慶公銅像建立除幕式

 

市役所前にて三好長慶公銅像建立除幕式

28日に大東ロータリークラブ創立50周年記念事業 「三好長慶公銅像建立除幕式」がありました。

市役所前:三好長慶公銅像

市民で構成された大東三好甲冑隊が参加、大東殺陣サークルさんによる演舞も行われました。

<写真:中村ゆうこ市議Facebook>

 

大東ロータリークラブさんからメッセージ(Facebookより)

大東ロータリークラブ創立50周年記念事業「三好長慶公」像の建立除幕式を10月28日に挙行させて頂きました。〈天下人〉三好長慶の銅像は大東ロータリークラブの創立50周年事業として製作され、大東市役所前に建立いたしました。長慶の最盛期の凛々しい姿をイメージして造形しました。

三好長慶の業績を広く市民の皆様に周知し、郷土愛を深める契機とするとともに、全国に大東の歴史的価値を発信することをめざすためのものとしました。長慶像は天野忠幸氏(天理大学准教授)の監修のもと、彫刻家奈部雅昭氏が原型を製作、富山県高岡市の竹中銅器において鋳造しました。

三好長慶と飯盛城を中心とした大東のまちづくりの新しいシンボルになってほしいと思います。
足元の悪い中、たくさんの来賓の方々からご祝辞を頂き、また三好長慶会など長慶にゆかりのある方々から甲冑演舞もしていただき、思い出に残る式典になりました。橋本会長はじめ、藤本周年実行委員長、高島記念事業委員長、佐藤幹事、メンバーの皆様、関係各位の皆様本当にありがとうございました。


三好長慶、大河ドラマ実現に向け、ぐぐっと盛り上がってまいります~!!

関連
解説『天下人三好長慶と飯盛城』