野崎観音 「江口の君、月命日(毎月14日) ノルディック・ウォーク」 江口の君さまは女性をお守りくださる仏様

ノルディック・ウォーク@楠の里

野崎観音「江口の君さま、月命日(毎月14日)ノルディック・ウォーク」を たのしみました。

江口&お堂

江口の君さまは女性をお守りくださる仏様です

 

野崎観音唐門ノルディック


月命日の(14日)には
「子宝成就・不妊・婦人病」をはじめ様々な悩みを持った女性の方が市内外・遠方より参拝されています。

●甘酒のふるまい  ●君の市(骨董品や手作りものが出店)
●本堂で心身健全、子授けのやいとお灸の奉仕

江口

江口の君堂(本堂となり)では多くの参拝者が手をあわせてらっしゃいました。

江口の君大祭(4月14日の本命日)は江口の君像開帳と子授け、病気平癒祈願、祈祷が行われます。

江口2

江口の君(中興の祖)

平安末期、摂津の国の江口は瀬戸内海から淀川に入る船着場としてにぎわい、多くの遊女がいた。その中の一人、江口の君という者が、ながいわずらいに苦しみ、大和の長谷観音に病気平癒の願をかけたところ、河内の福聚山に参って病苦を免れるよう祈るがよいと教えられた。江口の君はさっそく慈眼寺(じげんじ)に参り、七昼夜籠もって祈ると、たちまち難病が治った。よろこんだ江口の君は感謝のため、堂を建立することにした。その頃、慈眼寺は門真市にあって、低地でいつも洪水に悩まされていたので、寺地を現在の地に移して堂于を再建した。そこで江口の君を中興の祖という。

江口の君は、平資盛 (たいらのすけもり)の娘、妙 (たえ)といい平家没落後、摂津の国江口の里に身を寄せたといわれています。西行法師との歌問答(謡曲)したことで知られます。

江口3

お宮まいり のご家族さまもいらしておりました。とてもお幸せそうでした。

私事ですが長男、次女もこちらにお参りさせていただいたのでたいへん懐かしいです。安産祈願の腹帯も野崎観音さんでいただきました。おかげさまで元気に暮らしております。有り難いです。

江口4

縁結び・子授け・安産祈願の  野崎の観音さん。

君の市お灸(女性)足

本堂では心身健全、子授けのやいと(お灸)の奉仕が行われていす。


お灸の奉仕は
昭和初期から続いていて現在は、大東市谷川にある前田針灸接骨院の前田京子副院長が約16年間ご奉仕をされています。毎月常連(男性も可)で楽しみに来られるかたもたくさんだそうで。

お灸

前田針灸接骨院さんのお嬢様がわたくしの息子と同級生で親しくさせていただいているのですが、難病治療「新脳針」の開発で全国に知られる昌司会長、パラリンピック日本代表トレーナーとして知られる為康院長ともに「愛ある治療」を「御網領 」(理念) のもと実践されていて本当に素晴らしいです。(写真は一昨年うかがっった時)

ノルディック野崎観音紅葉

野崎(のざき)観光はどうしても坂がつきものなのですが、はじめてノルディック・ポールを持たれた方
は、らくに歩けるので驚かれます。膝への負担は大変軽くなります。

水仙

あとね♬水仙のつぼみが膨らんでいました~♪桜門(南門)の階段下付近には、たくさんの水仙が自生しているんです。来年の開花が楽しみです。


季節の木々、草花を楽しみながらの散策(ウォーキング)は心地よいですね。ぜひ、みなさん、野崎(のざき)に遊びにいらしてくださいね。

野崎観音見晴らし台より。

<関連>

◆ 江口の君月命日ノルディック・ウォーク楽しんでいただきました

◆ 野崎観音は隠れキリシタンの寺!?

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.